ECCジュニア四街道中央教室

四街道市の英語・英会話教室。幼児 小学生 中学生 高校生 大人まで

自己紹介のルール

699 views

      2019/09/25


19日(金)の授業はECCジュニアの夏休み明けの一回目の授業。
みんなだらだらとするのかなー?とおもいきや、しっかりと宿題もやってあり、みんなげんきいっぱい!
遅刻もなくいつもの通りに始まりました。
夏休み明けなのですが、1学期の総まとめの授業。

Hello!!
自分の名前。
年齢。
好きな食べもの。
自分たちのクラスが何時に始まるのか。
Thank you.

を何もみずにスピーチをしていきます。
2年目の子供はさすが!スラスラと言えるもいるのですが、1年生の子は、年齢まではいえますが、そのあと、ヒントをださないと言えない状態です。
でもすごいところは、名詞の複数形をしっかりと理解したうえで自己紹介ができているということです。
I like melons.
英語を習っていない子供は、最後の名詞を複数形にすることはなかなかできません。
さすがECCの生徒たち!忘れずに複数形にしていましたよ!
自分のスピーチをすることってなかなか難しいのですが、こうやって日本語にはないルールを自然と身についていっているところが先生としてもとっても嬉しいですね!
そのあともスキットと呼ばれる物語のまとめの勉強です。
これは音をきいて、読んでいくというもの。全部で4ページの短い漫画を読んでいきます。
結構英会話としては高度な文章がならんでるんですよ!
みなさんは。。。なにか悲しいことがあって、「あー。可哀想に」なんて言葉でてきますか?
大人の英語を習っている人なら不定詞でも勉強するとよくでてくる、I'm sorry to hear that.ということばが出てくると思います。とても丁寧な大人っぽい使い方ですね!
子供通しでこの言葉を使うことはありません。
友達同士ならこの「あー。可哀想に!」という言葉がでてくると英語をやっているなーという気分になります。(笑)
子どもたちはこうやって覚えていくのです。
昨日の授業はこの漫画を役割分担して読んでいく練習でした。
これがこのスキットの最後の練習です。
来週は感情をこめてよめるかな?というテストをします。覚えなくてもいいんです。やってくる子は勝手に覚えてきますから。とにかく英語の文字や音に触れることが大切でその後に口をついてでてくる、自分から発話するという行動が取れてきます。頑張り屋さんが多いクラスなので来週のテストがとっても楽しみです。
スキットで習った言葉は必ず何か一つ覚えて自分で使うことにさせています。
この時期の子どもたちはまた種を植えたばかり。これが3月になると芽がでてきはじめる状態になります。
楽しみだなー。
さて!1学期分の授業もようやくすべてのレベルで終わりを告げ始めたのでこれからみんなの成績つけです!
ちゃんと成績表があるんですよー!

P_20160822_164236

 - ECCジュニア四街道中央教室 英語・英会話 子ども 幼児 小学生 中学生 高校生 大人, おすすめ